あってよかった便利な防災グッズ

Emergency goods

災害対策グッズはたくさんありますが、その中から震災・自然災害の体験から「あってよかった」「あればよかった」という声をもとに防災グッズをご紹介します。

ご購入について

グッズのご購入は中日新聞 菊川販売店 斉藤新聞店、または最寄りの中日新聞店までお申込みください。

中日新聞 菊川販売店 斉藤新聞店
菊川市加茂70(菊川西中・西隣)
お電話:0537-35-3455 FAX:053-35-3468
フリーダイヤル:0120-80-3455

グッズ紹介

緊急救助用バール

バール一本で助かる命があります。
女性や年配者でも楽々使えます。
ガレキ除去、ドアこじ開け用、車両救助用に活躍します。

¥5,720(税込)
特別価格
【使い捨て土嚢】アクアブロック

土は不要!水を吸収し3分で土嚢になります。
・1ケース(20枚入)

¥25,920(税込)
特別価格
【非常用トイレ】インスタントトイレ マイバッグ大

臭いを2週間閉じ込める袋付き。
世界遺産(熊野古道)でも使用されています。

¥9,720(税込)
特別価格
【災害用トイレ処理セット】マイレットmini10

気になる臭いを消臭し、雑菌には抗菌で対応の人気商品。
・1箱10回分×3箱セット

¥5,400(税込)
特別価格
【携帯用浄水器】スーパーデリオス

フィルターに接続された容器部分を軽く絞るだけの簡単操作で、水道水はもちろん、河川水、井戸水、プールの水、風呂の水や雨水などを安心して使える綺麗な水に変えることが出来ます。飲料水や傷口の洗浄にご利用いただけます。

¥3,674(税込)
特別価格
非常用持出袋

いざと言うときの「全て」が詰まった、CBSオリジナル持出袋「スマートプレミアム・27・20」!
いざ災害が起きた時、命を守るため、生き残るための行動が一次避難です。
建物の崩壊や津波などの被害を避けるため、一次的に避難します。
そんな時に役立つのが非常用持出袋です。
いつ来るか分からない災害の備えをしっかりしましょう。

・オリジナル非常用持ち出し袋スマートプレミアム
寝袋、ヘルメット(防災キャップ)、エアーマットが付属しているものは当商品だけ!
野営対応も可能です!寝袋がストローで膨らませることができるエアマット、防災キャップ(ヘルメット)、フリーサイズの着替え、トイレ、5リットルの給水バッグまで入ったラインナップ!
全32品。防災士のプロが厳選したものばかりなので、コレ一つで安心して避難ができます!

・オリジナル非常持ち出し袋 スマート27
全27品と充実!内容物に対してお値打ちな防災グッズです。

・オリジナル非常持ち出し袋 スマート20
大人1人が1日避難できる備えが入った手軽で安全な持ち出し袋セットです。

オリジナル非常食

災害時でも普段と変わりなく美味しい食事ができるバラエティ豊かな非常食セットです!
一次避難後、自宅や避難所での生活(二次避難)が始まります。
ライフラインが止まり物資が不足したとき、救援物資が届くまでの間、自分の身は自分で守る必要があります。そんな時に役立つのが非常食セットや備蓄品です。

暖められる加熱セットが入っているので、ガスや電気が止まっていても温かい食事が食べられます。

・オリジナル非常食セット「癒し」(大人1名3日分)
災害時は、ストレスや精神的ダメージが大きく気持ちも暗くなりがち。だからこそ普段の食事と変わりなくおいしい非常食をバラエティー豊かに揃えました。

・非常食セット「安らぎ」(大人1名1~2日分)
氷砂糖は、疲労回復やのどの渇きを癒したり、糖分が不安やいらいらの気分を和らげてくれます。

災害時の避難行動

Evacuation behavior in case of disaster

南海トラフ巨大地震対策で国の防災基本計画が見直され、家族の備蓄は「1週間以上の水や食料の備蓄」が必要とされました。ただ1週間分を揃えるとなると大変です。
避難行動では一次・二次避難と行動をとります。
その行動に合わせた備蓄をすることにより一層役立つ備蓄になります。

災害発生

まずは……

■落ち着きましょう 
どんな大きな地震でも揺れは数分です。慌てて外に出ずに落ち着いた行動を!

■身を守りましょう
倒れやすいタンスや本棚、窓ガラスなどから離れ、机やテーブルの下に隠れ、頭を保護します。

■脱出出口を確保しましょう
建物が傾いてドアが開かなくなることがありますので、ドアを開け出口を確保しましょう。その際は周りに危険物がないか等、確認をしましょう。

一次避難時

あると便利なもの

●地震発生後 10分
・緊急用バール
・使い捨て土嚢
・非常用持出袋

●地震発生後 数日間
・非常用トイレ
・携帯用浄水器

二次避難時

この頃には停電が解消されていきます。
在宅者が水や食料、物資の不足から避難所に移動し、避難者数が最も多くなることが予想されます。

あると便利なもの

・オリジナル非常食セット
・オリジナル備蓄箱セット

災害時は、”自分を守ることが一番の減災”に繋がります。
備蓄を一度考えてみましょう。

購読、その他サービスの
お問い合わせはお気軽に

9:00~18:00(日祝除く)

TEL 0537-35-3455
フリーダイヤル 0120-80-3455
購読、その他サービスの
お問い合わせはお気軽に

2017年度休刊日
12月10日(日)

2018年度休刊日
1月2日(火)

2月5日(月)

4月9日(月)

5月7日(月)

6月11日(月)

7月9日(月)

8月13日(月)

9月10日(月)

10月9日(火)

11月12日(月)

12月10日(月)

新聞について
新聞を楽しむ
防災グッズ
採用情報
地域活動
お知らせ

〒439-0011 静岡県菊川市加茂70

TEL 0537-35-3455
フリーダイヤル 0120-80-3455
受付時間:9:00~18:00(日祝除く)